公益財団法人 松山観光コンベンション協会 ~笑顔あふれるパワースポット松山へようこそ!~
  • Foreign Language

文字サイズを調整できます 

  • 文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小

財団法人 松山観光コンベンション協会 ~笑顔あふれるパワースポット松山へようこそ!~

おすすめ!
  • HOME
  • 今月のおすすめ! 9月

今月のおすすめ! 9月

◆うまいもの

涼風にさそわれて…出合のいも炊きで郷土の味をたっぷりとお楽しみ下さい。

出合のいも炊き

出合のいも炊き

▲画像をクリックするとPDFが開きます。
 お得な割引券付きです!

今や松山の秋の風物詩となった出合のいも炊き!
「出合のいも炊き」とは、重信川の川原で里芋を煮込んだ鍋『いも炊き』を囲んでお酒を酌み交わす秋の行事です。

伊予名産の花かつをと昆布でとったコクのあるだし汁に、具材は瀬戸内タコやたっぷり12種類の野菜などを使用しているのが特徴で、味はもちろん絶品!会場には無料駐車場が完備されているので、お友達・ご家族をみんな誘って秋の涼しい川風をお楽しみいただけますよ。

また、松山市中心部からも近いので、お仕事帰りに職場の仲間とぜひご来場ください!30人以上の団体様にはサービスもあります!


【開催期間】

9月8日(金)~10月14日(土)

【開催場所】

出合橋下

【料金】

★いも炊き予約 <1人前> 1,800円
★いも炊き当日 <1人前> 2,000円
★追加だし <1人前 400cc> 150円  
その他一品料理もあります!

★観月祭 
9月16日(土)・23日(土)開催!
イベント有り♪

 

▼お問い合わせ・お申込みはこちら!

(公財)松山観光コンベンション協会

TEL:089-935-7511

松山いもたき事務所

TEL&FAX:089-989-5506

 

◆祭り&イベント

アートにのぼせろ ~温泉アートエンターテイメント~「道後オンセナート2018」

▲画像をクリックするとPDFが開きます

大宮エリー
撮影:諸井純二
大宮エリー
撮影:諸井純二
明和電機
明和電機

 


道後温泉では、4年ぶりとなるアートの大祭「道後オンセナート2018」を開催いたします。
2014 年、道後温泉本館が改築120 周年の大還暦を迎えたことを記念して開催された「道後オンセナート2014」では、温泉という地域資源に「アート」という新しい魅力が組み合わさり、多くの観光客や市民で道後がにぎわいました。この取り組みは、「道後アート2015」、「道後アート2016」に引き継がれ、さらに今年は4年ぶりとなる大規模なアートフェスティバルとして展開されます。
「道後オンセナート」のコンセプトテーマは2014 年に引き続き、「アートにのぼせろ ~温泉アートエンターテイメント~」です。
2017年9月2日からは、プレオープンとして一部の作品の公開を開始します。
今年も温泉とアートにのぼせてみてはいかがでしょうか。

 

「道後オンセナート2018」

【会期】

2017年9月2日(土)~2019年2月28日(木)

プレオープン
グランドオープン
フィナーレ

2017年9月2日(土)
2018年4月14日(土)
2019年2月28日(木)

※ホテルプロジェクトなどは作品によって会期設定あり

【会場】

道後温泉およびその他周辺エリア

 

プレイベント

●大宮エリー・矢井田瞳
「大宮エリーの道後温泉絵画ショー」

【開催日時】

2017年9月2日(土) 15:30~17:00

【開催場所】

坊っちゃん広場(雨天決行、場所変更の可能性もあり)

【観覧料】

無料

 

●明和電機 
「明和電機 in 道後 プレオープニングスペシャルライブ」

【開催日時】

2017年9月2日(土) 18:00~19:00

【開催場所】

宝厳寺(雨天決行)

【観覧料】

無料


●明和電機
「明和電機 in 道後 vol.2 親子スペシャルライブ」 

【開催日時】

2017年9月3日(日)15:30~16:30(予定)

【開催場所】

宝厳寺(雨天決行)

【観覧料】

無料


ホテルプロジェクト

道後地区のホテル・旅館の客室などに、アーティストが空間演出を施した作品の総称です。

宇野亞喜良 「恋愛辞典」 オールドイングランド道後山の手ホテル
大宮エリー 「楽園」 道後プリンスホテル
祖父江慎 「部屋本 坊っちやん」 道後舘

※その他作品やイベント詳細は各作家ごとの紹介ページをご参照ください

 

▼詳しくは、公式サイトへ!

道後オンセナート2018

 

◆祭り&イベント

キーワードを探して豪華賞品をゲット!「三角ルート縦断部 山陰・四国 周遊キーワードラリー」

三角ルート縦断部 山陰・四国 周遊キーワードラリー

▲画像をクリックするとPDFが開きます。

高速道路を利用して、米子・松山・高知をぐるりと一周旅してみませんか?

期間中、3市をつなぐ「三角ルート」の主要観光施設でキーワードを探そう!キーワードをそろえると、特産品や宿泊券が抽選でゲットできます!

美味あり!楽あり!人情あり!縦断部で楽しい思い出づくりの旅へ!


【開催期間】

[第1弾期間]6月16日(金)~9月27日(水)
[第2弾期間]9月28日(木)~2月4日(日)

※第1弾と第2弾ではキーワードが異なります。

【実施場所】

米子・松山・高知

【賞品】

[A賞]
各エリア 温泉旅館・ホテルペア宿泊券 15名様

[B賞]
各エリア お楽しみ特産品 75名様

 

▼詳しくは、公式サイトへ!

三角ルート縦断部 山陰・四国 周遊 キーワードラリー

 

◆祭り&イベント

「子規・漱石生誕150年記念」

子規・漱石生誕150年

子規・漱石生誕150年

▲画像をクリックするとPDFが開きます。

平成29年は松山ゆかりの文学者、正岡子規と夏目漱石の生誕150年です。
「松山から世界へ そして未来へ」をテーマに、子規と漱石の「出会い」「友情」「別れ」「功績」の紹介を軸とした事業を行っています。

子規と漱石が松山で俳句作りに熱中したこと、漱石が子規との別れを惜しみながらロンドンへ留学し、世界を体験したこと、現代に通ずる文学をのこしたことなど、等身大の二人にスポットをあてたエピソードを効果的に盛り込み、松山ならではのストーリー性を持った事業を展開しています。

 

【子規・漱石生誕150年記念 主な取り組み】

特別展示「松山と漱石」

子規・漱石生誕150年、坂の上の雲ミュージアム開館10周年を記念して、夏目漱石と松山の関わりをテーマにした特別展示「松山と漱石」を開催します。
今回の展示では、松山の関係者が漱石に送った絵はがきや、漱石が松山で知り合った友人・村上霽月、森円月にあてた手紙などを展示し、松山と漱石の関係を人びととのつながりから読み解きます。

子規記念博物館常設展の一部リニューアル

子規記念博物館の常設展に新たに映像機器を導入するなど、子どもから大人まで幅広い年齢層に楽しんでいただけるよう、一部をリニューアルします。

子規・漱石・極堂 生誕150年記念特別企画展

子規・漱石の友情や松山での日々、柳原極堂をはじめとする友人たちとの交流などについて、直筆の資料などを紹介しながら3人を顕彰します。

子規・漱石生誕150年記念 第20回俳句甲子園

高校生が5人1チームで俳句の作句力と鑑賞力を競う全国大会です。平成29年は生誕150年の記念大会として実施します。

 

▼詳しくは、下記サイトへ!

松山市HP

 

◆歴史&文化

坂の上の雲ミュージアム 第11回企画展 テーマ展示「好古・真之・子規-明治20年代初頭」

坂の上の雲ミュージアム 新企画展「子規・真之と小学校」

▲画像をクリックするとPDFが開きます。

明治政府は、1889(明治22)年に大日本帝国憲法を発布、翌年には帝国議会を開設しました。近代日本において、国際社会に対応するための立憲国家としての体制がようやく確立します。明治維新以降進行した文明開化の波は、地方社会にも広がりをみせ、人びとの生活も大きく変化していきました。このころ、秋山好古・真之、正岡子規の3人の主人公たちもそれぞれの道で転機を迎えます。

秋山好古は、明治20年に旧藩主家の久松定謨の補佐役を命じられフランスに留学、騎兵研究に励み陸軍の発展に貢献しました。秋山真之は、明治23年に海軍兵学校を首席で卒業し、軍人としての道を歩みはじめます。正岡子規は、第一高等中学校在学中の明治22年、肺病を患い喀血したことを契機に「子規」と号し、文学の道を志すようになりました。

今回の展示では、明治20年代初頭の好古・真之・子規の動向を取り上げながら、その後の彼らの人生を展望します。

 

【開催期間】

2017年2月28日(火)~2018年2月18日(日)

※休館日:毎週月曜日(休日の場合は開館)

【開催会場】

坂の上の雲ミュージアム
(松山市一番町三丁目20)

【観覧料】

一般:400円
高校生:200円
高齢者(65歳以上):200円
※中学生以下は無料
※団体割引あり

▼詳しくは公式サイトをご覧ください。
坂の上の雲ミュージアム

 

◆歴史&文化

新たな温泉文化を発信する拠点「飛鳥乃温泉(あすかのゆ)」オープン!

飛鳥乃温泉飛鳥乃温泉

▲画像をクリックするとPDFが開きます。

日本最古といわれる道後温泉に新たな温泉施設「飛鳥乃温泉(あすかのゆ)」が誕生します!

建物のコンセプトは、聖徳太子の来浴や斉明天皇(さいめいてんのう)の行幸などの物語や伝説が残る日本最古といわれる温泉にふさわしい飛鳥時代の建築様式を取り入れた湯屋です。道後温泉本館と同じく、全国でも珍しい加温も加水もしていない源泉かけ流しの「美人の湯」を満喫することができます。

館内は、開放的な大浴場と、道後温泉本館には無い露天風呂、また皇室専用浴室の又新殿(ゆうしんでん)を再現した特別浴室を設え、昔の浴衣(よくい)「湯帳(ゆちょう)」を着ての入浴体験もできます。さらに、約60畳の休憩室、個室5室を設え、道後温泉ならではの「おもてなし」の給茶サービスを行います。

新たな道後のシンボルにぜひお越しください!

 

【オープン】

9月26日(火)

 

▼詳しくは公式サイトをご覧ください。
道後温泉別館 飛鳥乃湯泉