うまいぞなもし 瀬戸のまつやま 「海ごはん」

 トップ>鯛めし
鯛めし
瀬戸内で水揚げされた新鮮な鯛は、刺身によし、焼き物によし、煮物によし。愛媛県ではごはんと一緒に味わう「鯛めし」も人気です。 鯛めしは地方によって調理法が異なり、県南部では刺身にした物をアツアツのごはんにのせて、薬味やダシと一緒に味わいます。 一方、松山など中予地区では、丸ごと鯛を釜に入れてごはんと一緒に炊きあげます。 炊きあがったら、鯛の身をほぐしてごはんに混ぜて賞味。 ごはんの一粒ひと粒に鯛の旨みが染み込み、その美味しさは格別。 かつて朝鮮に出陣する神功皇后が、漁師から献上された鯛でごはんを炊いたのが始まり・・・と言われています。
レシピへ鯛について