公益財団法人 松山観光コンベンション協会 ~笑顔あふれるパワースポット松山へようこそ!~
  • Foreign Language

文字サイズを調整できます 

  • 文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小

財団法人 松山観光コンベンション協会 ~笑顔あふれるパワースポット松山へようこそ!~

おすすめ!
  • HOME
  • 今月のおすすめ!1月

今月のおすすめ! 1月

◆祭り&イベント

令和最初の大合戦!「松山城 冬の陣」

松山城 冬の陣
▲画像をクリックするとPDFが開きます。


「令和最初の大合戦! 松山城 冬の陣」と題し、様々なイベントを実施します!
イベント期間中は、松山城を舞台にしたリアル宝探し「松山城財宝伝説2」や、二之丸史跡庭園に巨大な3D迷路が登場する「二之丸からの脱出!!忍者巨大迷路」、「ARポイントラリー」など、家族みんなで楽しめるコンテンツが盛りだくさんです。

熱き松山城に、いざ、出陣!!


【開催期間】

1月11日(土)~3月8日(日)

【場所】

松山城・二之丸史跡庭園
松山城山ロープウェイ東雲口駅舎

 

●リアル宝探し「松山城財宝伝説 2」

松山城周辺に隠された宝箱を探し出せ!

【期間】

1月11日(土)~3月8日(日)

【場所】

松山城周辺

 

●二之丸からの脱出!!忍者巨大迷路

二之丸に巨大迷路出現!隠し扉を見つけて脱出せよ!

【期間】

1月11日(土)~3月8日(日)

【場所】

二之丸史跡庭園奥砂利

 

▼詳しくは、下記サイトへ!

南海放送HP

 

◆祭り&イベント

みんなで祝おう松山城誕生記念日「おめでとう 418歳!」

松山城生誕記念松山城生誕記念松山城生誕記念

1月15日は松山城の418回目の誕生記念日!「松山城誕生記念日」および「よしあきくん誕生日」としてお祝いします。
みんなで418歳になった松山城とよしあきくんをお祝いしましょう!!

 

【開催日時】

1月15日(水) 10:00~14:30 頃
※悪天候時はイベントにより場所変更または中止の場合あり。

 

●松山城誕生記念パーティー

【時間】

10:00~11:00

持田幼稚園の園児を招待して、松山城・よしあきくんの誕生日を祝います。特製ケーキも登場!

【開催場所】

本丸広場

 

●「よしあきくん」と餅つき大会

【時間】

11:00~14:30

([1]11:00~ [2]13:30~ [3]14:00~)

よしあきくんと一緒に餅つきを実施します。つきたてのお餅をご賞味ください。

【開催場所】

本丸広場

 

●松山城・よしあきくんへお祝いメッセージボード作成コーナー

【時間】

10:00~14:00

メッセージボードに松山城やよしあきくんへのお祝いのメッセージを寄せ書きしてください。
完成したボードは、後日松山城ロープウェイ東雲口駅舎にて展示します。

【開催場所】

本丸広場

 

▼詳しくは、公式サイトへ!

松山城HP


◆祭り&イベント

“湯ったりオレンジロード”第58回愛媛マラソン

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉2周年記念イベント~あすかの灯り~

この日のためにトレーニングを重ねてきたランナーたちが、ゴールを目指してオンジロードをかけぬけます。

毎年抽選の倍率が2倍を超える人気!人気の理由の1つは、「ゴールまで途切れることのない温かい応援」とのこと。おもてなし日本一のまち松山ならではですね。一人でも多くのランナーが42.195kmを完走できるように、みなさんの声援でパワーを届けましょう!!

そして、ランナーのみなさん、頑張ってください!

当日は、交通規制が行われますので、ご理解・ご協力をお願いいたします。

2月9日(日)朝10:00 START!

★交通規制について

交通規制チラシ(PDF)

★当日のう回路について

う回路チラシ(PDF)

 

▼詳しくは、公式サイトへ!

愛媛マラソン

 

◆祭り&イベント

火の鳥、到来!道後REBORNプロジェクト!!

(C)TEZUKA PRODUCTIONS
(C)TEZUKA PRODUCTIONS
道後REBORN
▲画像をクリックするとPDFが開きます。

 

2019年1月15日、築125年を超える道後温泉本館を未来に受け継ぐ保存修理工事が始まりました。重要文化財の公衆浴場を営業しながら保存修理工事をするのは日本初!時代を超えて人々をいやす道後温泉の再生の物語を、時空を超えて人々を導く永遠の生命の象徴、手塚治虫がライフワークとして描き上げた「火の鳥」が見守ります。

この期間しか見られない道後温泉本館をぜひお楽しみください!!!


道後温泉本館プロジェクションマッピング

【時間】

毎日19:00~21:30

【場所】

道後温泉本館北側

 

オリジナルアニメーション「火の鳥”道後温泉編”」公開!!

オリジナルアニメーションは、手塚プロダクションの制作で道後温泉の歴史や物語を背景に、全3話を制作する予定です。

「プロローグ 大国主オオクニヌシ少彦名スクナヒコナ」と「第1話 聖徳太子、来浴」

 

道後REBORNプロジェクト続々進行中!!

●道後温泉本館ラッピングアート

●プロジェクションマッピング

●オリジナルアニメ「火の鳥“道後温泉編”」

  (アニメ制作:手塚プロダクション)

 

▼詳しくは、公式サイトへ!

道後REBORN


 

◆祭り&イベント

道後の夜を彩る 「ひかりの実 2019」

ひかりの実 2019
※写真はイメージです。


道後オンセナート2014のフィナーレに開催されて以降、毎年開催している「ひかりの実」イルミ ネーションが今年も道後公園で開催決定。
「ひかりの実」は、地元の子どもたちや一般 参加者が果実栽培用の袋に笑顔のイラスト を描き、そこにLED光源を入れたものです。
公園内の樹や街路樹に吊るすことで、個性 豊かな色とりどりの光が周囲一帯を包み込み、幻想的な光景で一帯を彩ります。

やさしい光に包まれた公園内を散策してみてはいかがでしょう。

 

【開催期間】

~1月17日(金)

【開催場所】

道後公園

 

▼詳しくは、公式サイトへ!

日比野克彦×道後温泉 道後アート2019・2020 「ひみつジャナイ基地プロジェクト」

 

◆祭り&イベント

今年も開催!道後アート2019・2020

道後アート2019・2020「ひみつジャナイ基地」
▲画像をクリックするとPDFが開きます。

道後温泉では、平成26年に道後温泉本館が改築120周年の大還暦を迎えたことを記念してアートフェスティバル「道後オンセナート2014」を開催し、その後もアートフェスティバルを継続して開催しています。
今年は、5月30日から「日比野克彦×道後温泉 道後アート2019・2020 『ひみつジャナイ基地プロジェクト』」をスタートします。 
道後商店街に日比野克彦さんや地元関係者が手がけた「まちなか拠点」を開設し、道後アート2019・2020をはじめとしたこれまでのアートフェスティバルの映像やドキュメントブックを展示します。


【期間】

~令和3年2月28日(日)

 

■まちなか拠点開設

道後商店街に「まちなか拠点」を開設します。
道後アート2019・2020をはじめ、これまでのアートフェスティバルの映像やドキュメントブックを展示するほか、「ひみつジャナイ基地」スタッフ在席時はアートの体験も行います。

【運営時間】

9:00~21:30
※「伊織」道後湯之町店に準じます。

【場所】

伊織 道後湯之町店 (松山市道後湯之町20-21)

 

■道後アートショーケース

ラブレター ~愛を繋ぐ、愛で紡ぐ道後めぐり~
松山市出身のモデル・アーティスト、ラブリ/白濱イズミさんが、「ラブレター」をテーマに、「目で、耳で、触って読む」をキーワードに五感で感じられる世界観を作品展開します。

【場所】

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉中庭
椿の湯 北側壁面
道後温泉 空の散歩道 西側坂塀
道後温泉 第4分湯場 ※9時~20時(第4分湯場開館時)

 

▼詳しくは、公式サイトへ!

日比野克彦×道後温泉 道後アート2019・2020 「ひみつジャナイ基地プロジェクト」


 

◆祭り&イベント

台湾に行こう!松山-台北線増便決定!

松山-台北線就航
▲画像をクリックするとPDFが開きます。

松山市では、台北市と友好交流協定を結んでおり、観光分野をはじめ、文化・スポーツ、経済などさまざまな分野で交流するほか、民間交流を支援するなど、両市間の交流人口の拡大を目指しています。
この度、7月18日(木)に新規就航した松山-台北線が2020年4月11日(土)から増便されることになりました!現在の木曜、日曜の週2往復に加えて、水曜、土曜も運航されます。
この機会にエバー航空松山-台北線を利用して、台湾に出かけてみませんか。


【運航曜日】

現在:木・日曜日

⇒2020年4月11日~:水・木・土・日曜日

【運航スケジュール】

  出発 到着
松山→台北(桃園) 11:20 13:05
台北(桃園)→松山 6:45 10:10
※台北の発着時刻は現地時刻(日本との時差:-1時間)

 

▼詳しくは、下記サイトへ!

エバー航空公式HP

松山空港公式HP


 

◆歴史&文化

坂の上の雲ミュージアム 第13回企画展 テーマ展示「これがの空じゃ。 ―『坂の上の雲』にみる俳句―」

坂の上の雲ミュージアム 第13回企画展 テーマ展示「これがあしの空じゃ。 ―『坂の上の雲』にみる俳句―」

▲画像をクリックするとPDFが開きます。

小説『坂の上の雲』に登場する伊予松山生まれの三人の主人公のひとりが正岡子規です。「なにをするにも東京だ」と明治の若者の多くが東京への憧れを抱いたように、子規も上京して東京大学予備門にすすみました。子規は、政治や哲学など多方面への興味をもちながらもしだいに文芸に魅了され、創作や研究に没頭していきましたが、その多感な時期に不治の病である肺結核を患います。子規は病に苦しみながらも生きることや表現することに楽しみを見いだし、「俳句復興の松明(たいまつ)になる」ことを決意します。
「病牀六尺、これが我世界である。しかも此六尺の病牀が余には広過ぎるのである。」(『病牀六尺』明治35年5月5日)
今回の展示では、『坂の上の雲』に描かれた子規の「たたかい」を、病床六尺の世界を中心にたどります。


【開催期間】

~2月13日(木)

※休館日:毎週月曜日(休日の場合は開館)

【開催会場】

坂の上の雲ミュージアム
(松山市一番町三丁目20)

【観覧料】

一般:400円
高校生:200円
高齢者(65歳以上):200円
※中学生以下は無料
※団体割引あり

 

▼詳しくは、公式サイトへ!
坂の上の雲ミュージアム