公益財団法人 松山観光コンベンション協会 ~笑顔あふれるパワースポット松山へようこそ!~
  • Foreign Language

文字サイズを調整できます 

  • 文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小

財団法人 松山観光コンベンション協会 ~笑顔あふれるパワースポット松山へようこそ!~

おすすめ!
  • HOME
  • 今月のおすすめ!11月

今月のおすすめ! 11月

◆祭り&イベント

今年も開催!「東京ヤクルトスワローズ2019年度 松山秋季キャンプ」

歓迎セレモニーの様子
(昨年の歓迎セレモニーの様子)


今年も松山で、東京ヤクルトスワローズ松山秋季キャンプが始まります! 期間中は様々なイベントも開催される予定です。
練習の様子は見学もできるので、この機会にグラウンドで汗を流す選手たちを間近で応援しましょう!

 

【キャンプ期間】

11月1日(金)~21日(木)

練習休み予定 6日(水)・12日(火)・18日(月)

【キャンプ場所】

松山中央公園野球場(坊っちゃんスタジアム ほか)

 

▼お問い合わせ

キャンプに関するお問い合わせ

 

089-935-7511((公財)松山観光コンベンション協会)

休祝日、日程のお問い合わせ

 

089-965-3000(坊っちゃんスタジアム)

 

◆祭り&イベント

今年も開催!「松山を楽しもうキャンペーン2019」

松山を楽しもうキャンペーン2019

▲画像をクリックするとPDFが開きます。

県都松山がにぎわう「松山を楽しもうキャンペーン2019」。
松山市と県内マスコミが協力し、今年も趣向を凝らした楽しい催しを開催します!
下記は一例です。詳しくはチラシをチェック!!


キッズふれあいランド

【開催日時】

11月2日(土) 10:30~15:30

【会場】

城山公園堀之内
※小雨決行。荒天時は中止

【料金】

参加無料

 

秋のプロムナードコンサート

【開催日時】

11月8日(金) 午後0:20~午後0:50

【会場】

愛媛県美術館 正面前庭
※雨天時は中止となります。

 

えひめ・まつやま産業まつりwithメディアパーティー
すごいもの博2019

【開催日時】

11月16日(土) 9:30~16:30
11月17日(日) 9:30~15:30

【場所】

城山公園堀之内

 

◆祭り&イベント

松山城収蔵品ミニ企画展 「松山藩絵師 遠藤広実」

松山藩絵師 遠藤広実
▲画像をクリックするとPDFが開きます。

松山城では、松山城の歴史に関する資料や歴代城主の甲冑など、常設で多数の収蔵品を展示しています。今回、江戸時代後期に松山藩に仕えた住吉派の絵師・遠藤広実の作品など11点をミニ企画展として特別公開します。


【開催期間】

10月1日(火)~12月28日(土)

【開催時間】

10月・11月 9:00~17:00 (入場は16:30まで)
12月     9:00~16:30 (入場は16:00まで)

【場所】

松山城小天守1階

【料金】

無料
※松山城天守入場料が必要です。

 

▼詳しくは、公式サイトへ!

松山城

 

◆祭り&イベント

松山城本丸広場で「甲冑の試着体験サービス」

甲冑の試着体験サービス
甲冑の試着体験サービス
※写真はイメージです。


松山城では、自由に甲冑を試着体験できます。

気軽に甲冑の試着を楽しんでいただき、松山城天守などを背景に記念写真を撮影してみてはいかがでしょうか?

 

【日時】

10月5日(土)~12月29日(日)
上記期間の土曜日と日曜日 
10:00~16:00 ※15:45受付締切

※雨天時は本丸広場の甲冑試着体験は中止し、天守1階の体験コーナーで着付けや写真撮影を補助します。天守入場料(大人520円、小人160円)が必要です。

【場所】

松山城本丸広場

 

▼お問い合わせ先

松山城総合事務所 089-921-4873

◆祭り&イベント

LPGA公認競技最終戦 エリエールゴルフクラブ松山にて
第38回大王製紙エリエールレディスオープン 開催!

第38回大王製紙エリエールレディスオープン
第38回大王製紙エリエールレディスオープン
▲画像をクリックするとPDFが開きます。


賞金総額1億円、優勝賞金1,800万円を賭け、賞金女王と来季シード権の行方が注目される大会。

ギャラリープラザでは11/21(木)、11/23(土)限定で女子プロ選手と写真が撮れるチャリティフォトや、全日程で開催のお楽しみ抽選会、チャリティショップなどイベント盛りだくさん!
※チャリティフォトの受付は抽選となります(先着順ではありません)

また、今年は「環境に配慮した大会運営」をテーマに、ギャラリーフードプラザで使用するプラスチック容器の削減や、ギャラリーバッグを紙製に変更する等、プラスチックごみの削減に取り組みます。

ギャラリーの皆様もmy箸をご持参いただき、会場内インフォメーションでご提示いただくとミニドリンクがもらえます!
ぜひご家族連れでご来場ください。

 

【アクセス】

JR松山駅、いよてつ松山市駅からの無料ギャラリーバスをご利用ください。
<駐車場台数に限りがあります。公共交通機関のご利用にご協力ください>

【プレースタート時間】 

2019年11月21日(木) 8:00~(予定)
2019年11月22日(金) 8:00~(予定)
2019年11月23日(土) 7:30~(予定)
2019年11月24日(日)  7:30~(予定)

【開催場所】

エリエールゴルフクラブ松山(松山市柳谷町乙45-1)

 

▼詳細は公式HPをご確認ください!

第38回大王製紙エリエールレディスオープン

◆祭り&イベント

火の鳥、到来!道後REBORNプロジェクト!!

(C)TEZUKA PRODUCTIONS
(C)TEZUKA PRODUCTIONS
道後REBORN
▲画像をクリックするとPDFが開きます。

 

2019年1月15日、築125年を超える道後温泉本館を未来に受け継ぐ保存修理工事が始まりました。重要文化財の公衆浴場を営業しながら保存修理工事をするのは日本初!時代を超えて人々をいやす道後温泉の再生の物語を、時空を超えて人々を導く永遠の生命の象徴、手塚治虫がライフワークとして描き上げた「火の鳥」が見守ります。

この期間しか見られない道後温泉本館をぜひお楽しみください!!!


道後温泉本館プロジェクションマッピング

【時間】

毎日19:00~21:30

【場所】

道後温泉本館北側

 

オリジナルアニメーション「火の鳥”道後温泉編”」公開!!

オリジナルアニメーションは、手塚プロダクションの制作で道後温泉の歴史や物語を背景に、全3話を制作する予定です。

「プロローグ 大国主オオクニヌシ少彦名スクナヒコナ」と「第1話 聖徳太子、来浴」

 

道後REBORNプロジェクト続々進行中!!

●道後温泉本館ラッピングアート

●プロジェクションマッピング

●オリジナルアニメ「火の鳥“道後温泉編”」

  (アニメ制作:手塚プロダクション)

 

▼詳しくは、公式サイトへ!

道後REBORN


◆祭り&イベント

今年も開催!道後アート2019・2020

道後アート2019・2020「ひみつジャナイ基地」
▲画像をクリックするとPDFが開きます。

道後温泉では、平成26年に道後温泉本館が改築120周年の大還暦を迎えたことを記念してアートフェスティバル「道後オンセナート2014」を開催し、その後もアートフェスティバルを継続して開催しています。
今年は、5月30日から「日比野克彦×道後温泉 道後アート2019・2020 『ひみつジャナイ基地プロジェクト』」をスタートします。 
道後商店街に日比野克彦さんや地元関係者が手がけた「まちなか拠点」を開設し、道後アート2019・2020をはじめとしたこれまでのアートフェスティバルの映像やドキュメントブックを展示します。


【期間】

5月30日(木)~令和3年2月28日(日)

 

■まちなか拠点開設

道後商店街に「まちなか拠点」を開設します。
道後アート2019・2020をはじめ、これまでのアートフェスティバルの映像やドキュメントブックを展示するほか、「ひみつジャナイ基地」スタッフ在席時はアートの体験も行います。

【運営時間】

9:00~21:30
※「伊織」道後湯之町店に準じます。

【場所】

伊織 道後湯之町店 (松山市道後湯之町20-21)

 

▼詳しくは、公式サイトへ!

日比野克彦×道後温泉 道後アート2019・2020 「ひみつジャナイ基地プロジェクト」


◆祭り&イベント

台湾に行こう!松山-台北線就航

松山-台北線就航
▲画像をクリックするとPDFが開きます。

松山市では、台北市と友好交流協定を結んでおり、観光分野をはじめ、文化・スポーツ、経済などさまざまな分野で交流するほか、民間交流を支援するなど、両市間の交流人口の拡大を目指しています。
この度、7月18日(木)に台湾の大手航空会社エバー航空の松山-台北線が新規就航しました!
この機会にエバー航空松山-台北線を利用して、台湾に出かけてみませんか。


【運航曜日】

木曜日・日曜日

【運航スケジュール】

  出発 到着
松山→台北(桃園) 11:20 13:05
台北(桃園)→松山 6:45 10:10
※台北の発着時刻は現地時刻(日本との時差:-1時間)

 

▼詳しくは、下記サイトへ!

エバー航空公式HP

松山空港公式HP


◆歴史&文化

坂の上の雲ミュージアム 第13回企画展 テーマ展示「これがの空じゃ。 ―『坂の上の雲』にみる俳句―」

坂の上の雲ミュージアム 第13回企画展 テーマ展示「これがあしの空じゃ。 ―『坂の上の雲』にみる俳句―」

▲画像をクリックするとPDFが開きます。

小説『坂の上の雲』に登場する伊予松山生まれの三人の主人公のひとりが正岡子規です。「なにをするにも東京だ」と明治の若者の多くが東京への憧れを抱いたように、子規も上京して東京大学予備門にすすみました。子規は、政治や哲学など多方面への興味をもちながらもしだいに文芸に魅了され、創作や研究に没頭していきましたが、その多感な時期に不治の病である肺結核を患います。子規は病に苦しみながらも生きることや表現することに楽しみを見いだし、「俳句復興の松明(たいまつ)になる」ことを決意します。
「病牀六尺、これが我世界である。しかも此六尺の病牀が余には広過ぎるのである。」(『病牀六尺』明治35年5月5日)
今回の展示では、『坂の上の雲』に描かれた子規の「たたかい」を、病床六尺の世界を中心にたどります。


【開催期間】

2019年2月26日(火)~2020年2月13日(木)

※休館日:毎週月曜日(休日の場合は開館)

【開催会場】

坂の上の雲ミュージアム
(松山市一番町三丁目20)

【観覧料】

一般:400円
高校生:200円
高齢者(65歳以上):200円
※中学生以下は無料
※団体割引あり

 

▼詳しくは、公式サイトへ!
坂の上の雲ミュージアム