財団法人 松山観光コンベンション協会 ~笑顔あふれるパワースポット松山へようこそ!~

松山観光ナビ

文学のまち松山

松山は有名な文学やたくさんの偉人を生んだんよ!
まさに文学のまち松山!

坊っちゃん

夏目漱石坊っちゃん団子、坊っちゃん列車、坊っちゃんスタジアム、坊っちゃん湯、坊っちゃん文学賞…松山には「坊っちゃん」と名前がつくものがたくさんあります。

もちろんこれは夏目漱石の小説『坊っちゃん』に由来します。
また松山での正岡子規との出会いは夏目漱石にとって人生の転機であり、この出会いなくしては文豪・夏目漱石は誕生しなかったのでは…
といわれています。

 

小説『坊っちゃん』のあらすじ

四国の田舎町の教師として赴任してきた江戸っ子・坊っちゃん。しかし、新米教師としての生活は、つかみどころのないクセ者揃いの同僚教師や風変わりな町人、たちの悪いイタズラを繰り返す生徒のおかげで嫌気がさしていた。そんな坊っちゃんの心の支えとなるのは、短気だが信頼できる数学教師の山嵐、心優しい英語教師のうらなり、そして東京で坊っちゃんの帰りを待つばあやの清の存在。しかし、キザな教頭・赤シャツの策略で、山嵐と仲違いに。

そんなある日、赤シャツがうらなりの婚約者であるマドンナを誘惑していると知った坊っちゃん。さらに赤シャツは邪魔者うらなりを辺境の地に転任させ、山嵐を辞職へと追い込む。赤シャツに対して怒りを感じた坊っちゃんは、仲直りした山嵐とともに赤シャツへ天誅を下す。
そして山嵐とともに田舎町から去っていく・・・・・・。

小説『坊っちゃん』の登場人物紹介

坊っちゃん(数学教師) 坊っちゃん(数学教師)
江戸っ子の直情径行の数学教師。
曲がったことが大嫌いで損得よりも
義理を大切にする好漢。
食いしん坊の温泉好き。
山嵐(数学教師) 山嵐(数学教師)
いがぐり坊主で悪僧のような
面構えだが、親切な男。せっかち
だが生徒からの人気ナンバー1。
性格的に坊っちゃんと似ている。
狸(校長) 狸(校長)
薄ひげのある目の大きい男。
権威主義者で策士、さらには
つかみどころがない。
野だいこ(画学教師) 野だいこ(画学教師)
常に赤シャツにこびをうって
赤シャツの悪巧みの手助けをする
軽薄な人物。ある意味世渡り上手。
赤シャツ(教頭) 赤シャツ(教頭)
フランネルの赤いシャツを年中
着ている伊達男。猫なで声で
話し、趣味はパイプ。同性には
嫌われるが異性には好かれる。
マドンナ マドンナ
すばらしい美人。
元々はうらなりの婚約者だが、
赤シャツの財力に惹かれて
心変わりする。
うらなり(英語教師) うらなり(英語教師)
青ぶくれの顔をしているが、
口数少なく紳士的で大人しい。
あまりの人の良さに坊っちゃんも
ときどきイライラ・・・・。
清
坊っちゃんの家に奉公していた
ばあや。勉強家だった坊っちゃんの
兄のことは嫌っていたが、
坊っちゃんのことは溺愛している。

教えて!なもちゃん

☆なもちゃんオススメ!『坊っちゃん』観光スポット!

    写真をクリックすると拡大します。
きどや旅館跡
写真:きどや旅館跡
坊っちゃんが最初に泊まった宿である山城屋のモデルになった宿!
小説『坂の上の雲』の主人公 秋山真之も宿泊したことがあるんやって!
松山中学校跡
写真:松山中学校跡
小説『坊っちゃん』の舞台になった松山中学校の跡地!
夏目漱石が松山を去るときの一句が刻まれとるんよ!
ぜひ見てや!
坊っちゃんの間
写真:坊っちゃんの間
夏目漱石がすごく気にいっていた道後温泉本館!
愛用されていた部屋は「坊っちゃんの間」として当時のまま残されとるんよ!
四十島(ターナー島)
写真:四十島(ターナー島)
小説『坊っちゃん』の「あの松を見給え・・・ターナーの画にありそうだね」というくだりから、ターナー島の愛称で呼ばれています。
松山市の高浜沖に浮かぶ小島。
坊っちゃんが使った赤手ぬぐいにちなんで道後温泉本館で貸しだし販売しよるのは、ぜーんぶ地元で作られた赤タオル!